旅行の撮影やVlogを始めるならSONYのデジタルカメラ『ZV-1』がとてもおすすめ、詳しくはこちらから

ZV-1にSmallRigのL字型ウッドグリップでバッテリーやSDカード交換が楽になる

ガジェット

ZV-1をより快適に使えるようにするアクセサリー、SmallRigのL字型ウッドグリップを購入しました。このグリップをZV-1に取り付けることでにぎりやすくなることやシューティンググリップをつけたままでのバッテリー交換やSDカードの出し入れができるようになります。また、小型の照明なども取り付けることができるコールドシューやねじ穴があり他のアクセサリーとの組み合わせも可能になります。

本日は、ZV-1をより使いやすくするSmallRigのL字型ウッドグリップを紹介します。

この記事から得られる情報
  • SmallRigのL字型ウッドグリップの特徴
  • 使用感について
  • 購入について

SmallRigのZV-1用L字型ウッドグリップ

SmallRigのZV−1用L字型ウッドグリップ

SmallRigのL字型ウッドグリップ
SONYのZV-1用のL字型ウッドグリップになります。ZV-1に取り付けて他のアクセサリーと組み合わせを可能にしたり、シューティンググリップをつけたままでもバッテリーやSDカードの交換を可能にするグリップになります。

SmallRigのZV-1用L字型ウッドグリップの特徴

SmallRigのZV−1用L字型ウッドグリップ

握る部分は木製で厚みがあります。

SmallRigのZV−1用L字型ウッドグリップ

木製グリップの裏側はZV-1の握る部分がハマるようになっており、サイドにはねじ穴が5つ空いています。

SmallRigのZV−1用L字型ウッドグリップ

グリップの底は右側にコールドシューがあり、その隣にねじ穴が合計11個あります。そして左側は大きく空いておりZV-1のバッテリーのフタを出すことができます。一番左にストラップホールのような穴があります。

SmallRigのZV−1用L字型ウッドグリップの底

ZV-1と取り付けるためのねじ穴があります。付属の六角レンチで取り付けます。

SmallRigのZV−1用L字型ウッドグリップ

では、ZV-1に取り付けてみます。

SmallRigのZV-1用L字型ウッドグリップ取り付け

ZV-1とSmallRigのZV−1用L字型ウッドグリップ

L字型グリップの取り付けはとても簡単で、ZV−1をグリップに乗せて付属の六角レンチでネジを締めるだけ。

ZV-1とSmallRigのZV−1用L字型ウッドグリップ

取り付けてみた印象としては、大きく感じることもなくコンパクトなサイズそのままという感じです。

ZV-1とSmallRigのZV−1用L字型ウッドグリップ

底の部分は、バッテリーのフタが開くようになっています。

ZV-1とSmallRigのZV−1用L字型ウッドグリップの底

サイドのイメージです。余計に厚みが出た感じはありません。

SmallRigのZV-1用L字型ウッドグリップの使用感

ZV-1とSmallRigのZV−1用L字型ウッドグリップ

SmallRigのZV-1用L字型ウッドグリップの使用感として、まずはグリップが大きくなったことで以前より若干握りやすくなったと感じます。気の手触りも良いです。またグリップをつけても分厚くなったという感覚はありません。

ただ、そこまで大きくなったわけではないのでα6600などの大きめのグリップと比べると握りやすさは劣ります。私は普段シューティンググリップを使用するのでこのあたりはあまり気にしていません。また手の大きさによって感覚が変わるかと思います。

次に底の部分になります。ここは期待通りでグリップをつけたままでもバッテリーのフタを開けることができバッテリーやSDカードの交換が可能。

ZV-1とSmallRigのZV−1用L字型ウッドグリップのバッテリー投入口

次にシューティンググリップをつけてバッテリーのフタを開けることができるか確認しました。グリップの底には複数のねじ穴がありその中の中央にあるねじ穴に取り付け。
フタを開けることができています。バッテリーやSDカードの交換もできました。

ZV-1とSmallRigのZV−1用L字型ウッドグリップとシューティンググリップ

シューティンググリップをつけた状態でもバッテリーやSDカード交換ができるのはとても利便性が上がります。

しかし、シューティンググリップをつけるとコールドシュー周りに圧迫感があります。
シューティググリップの接続を縦向きにすれば多少スペースができますが、コールドシューに乗せることができるアクセサリーは限られるかと思います。

ZV-1とSmallRigのZV−1用L字型ウッドグリップとシューティンググリップ

ZV-1用L字型ウッドグリップの使用感をまとめると以下のような感じです。

  • シューティンググリップをつけたままバッテリーやSDカードの交換が可能
  • グリップをつけてもそこまでの厚みを感じない

  • ウッドグリップでグリップ部分が大きくなったが、そこまで握りやすくなった感じはない。(また手の大きさによって感覚が変わるかと思います)
  • シューティンググリップをつけた状態だと、グリップのコールドシューに取り付けできるアクセサリーが限られる可能性がある

個人的にはシューテンググリップをつけたままバッテリーやSDカードの交換ができるようになったのはとても嬉しいです。シューティンググリップを外す手間が1つ減るのは大きい。

ZV-1を持っている方にはオススメのアクセサリーです。

SmallRigのZV-1用L字型ウッドグリップの購入について

SmallRigのZV−1用L字型ウッドグリップ

現状、SmallRigのサイトのみで購入が可能です(2020.09.09 現在)
おおよそ1週間ほどで手元に届きます。支払いに関してはPayPalに対応しています。

また、SmallRigではZV-1用のアクセサリーとしてL字型ウッドグリップの他にケージタイプのものやウッドグリップ付きケージも販売されてます。

最後に

ZV-1をより快適に使うならこのL字型ウッドグリップは便利なアクセサリーです。
特にシューティンググリップを使って長時間の撮影をされる方には、バッテリー交換もしやすくなるのでとてもおすすめです。

コメント