10年喫煙者だった私がタバコをやめて2年経過!禁煙の環境作りが鍵

日記

禁煙をして、もう2年3ヶ月となりました、@donann310です。

2日で1箱、10年間、喫煙者として過ごしてきていましたが、

2016年1月にタバコを吸うのを最後にし、今まで吸っておりません。

 

禁煙しても継続できずに、タバコを吸ってしまうっという方に、

実際に私がやった禁煙方法を紹介します。

スポンサーリンク

実際に私が禁煙できた禁煙方法

 

タバコを吸うのをやめようと思い、何度も実行しては継続できないといったことが

多々ありましたが、実際に成功した方法を紹介します。

それは、自分に合わないタバコを吸いまくる

吸いまくってその時の体調の記憶を思い出し続けること。

あまりオススメしにくいですが、

実際にこれをして、禁煙をすることができました。現在もタバコを吸っておらず、また

吸いたいとも思わない状態になることができました。

 

吸いたくない環境を作る!ことが重要。

自分が普段吸わないタバコを吸い続けた翌日、頭痛と体にとても重い気だるさを感じます。

この感じをずっと忘れないこと。

そして、ここで思い切りタバコが自分に合わないと思うことです。

これを日々思うことで、タバコをやめることができます。

実際私はこれでタバコをやめることができました。ちょっと荒いですけど効果はありました。

禁煙を何度しても失敗する人は、

この吸いたくない環境作りができていないのではないでしょうか。

タバコ禁煙を決意した流れ

禁煙始めの時の感覚は覚えています。タバコをやめると決意した日のことです。

タバコをやめようと本気で思った前日、友達とバーで飲んでいました。

いつものようにタバコを吸いながらお酒を飲んでいたら、タバコがなくなり、

友達からタバコをもらうことに。すると友達はタバコ(アメスピ)を一箱くれました。

普段メンソール系のタバコしか吸わないのですが、もらったので吸います。

はっきりいって、私にとって味はいいものではなく、頭も若干くらっとくるような感じ。

それでも、友達との会話は弾み、お酒も進み、タバコを吸う動作も止まることなく、

楽しい時間を過ごしました。

 

翌日、ひどい頭痛に体の気だるさ、普段自分の吸っているタバコとは違うタバコのニオイ、

歯を磨いたのにも関わらず、感じる口の中の違和感、完全な体調不良。

ここでタバコを吸ってもしんどいだけっと本気で思いタバコをやめることにしました。

ここで、私はタバコを吸いたくなくなる環境作りをしました。

禁煙して最初の数日

禁煙をして最初の数日、タバコを見たり吸いたくなると、

まず、完全な体調不良の状態を思い出すようにしました。

タバコをもう一度味わいたいという思いは、初日からありませんでした。

しかし、

タバコを吸うという動作が、体の中で習慣になっているので、

タバコを吸いたいというよりも、何かしてたいというそわそわしているような

その習慣を辞めることが大変でした。とにかく口寂しいのをなんとかする。

このそわそわした習慣を辞めるために、私は、飲み物を飲むことで辞めることができました。

水や炭酸水がオススメです。

タバコを吸うとしんどいものと脳に刻む

タバコを吸った後の体調不良の時を無理やり思い出したくない過去、トラウマのようにして、

タバコを吸うとまたあんな体調不良の状態になるっということを脳にきざみつける

これによってタバコを辞めれるはずです。

よく、大きな病気をして回復した人がタバコを吸わなくなるのと同じように、

一度大きく失敗してから反省をするようなイメージでタバコは辞めることができます。

自分にタバコがあっていないと、体に思わせることです。

禁煙する環境で自分を変えて行くことが大切です。

タバコを吸っていた頃と今との比較

 

タバコをやめるといいことがいっぱいっというよりも、自分の臭覚や味覚が普通に戻ります。

私自身、一番大きく感じる変化は、

寝つきが良くなったことと、朝はスッキリ起きれるようになったこと。

これによって行動が変わってきたということが大きなメリットのように感じます。

本当に体調が良くなりました。

 

タバコをやめてストレスが溜まることもあります。

一番感じるのは、臭覚が特に敏感になっているように感じること。

特に、タバコの匂いに敏感になります。すごく臭く感じます。

そして、タバコってすっごい匂いさしてるんだと気づけます。

また、

タバコのある場所に全く行かなくなります。

喫煙所に行くことがなくなり、居酒屋などに行くことも減りました。

タバコを吸っていた頃より、人とのコミュニケーションは減ったように感じます。

日本はタバコが安く、買いやすい

 

日本では、コンビニや自販機などタバコが買いやすく、タバコの値段も安い。

日本のタバコの値段は、約500円ほどでしょうか。

海外では、約1500円〜約2000円ほど。それに、タバコを買う棚は目隠しされています。

とても買いにくく値段も高い。

日本も後々このような感じで変化してくると思います。

社会的環境も禁煙するのにいい環境になってくるかもしれません。

最後に、

最後に言うのもなんですが、タバコをやめるのはとても簡単です。

吸いたくないと思うことで自然とやめれます。

吸いたくない環境を自分でどう作るか。

これをほとんどの人ができずに禁煙をしようとしています。

禁煙の失敗しにくくなるように環境を作ることが大切ですね。

 

オーストラリアで、手持ちのお金0になった時、

タバコをやめざるおえなくなったことがあります。

そのときは強制的にやめざるおえなくなりましたね。

やはり、禁煙する環境作りは大切です。

日記
スポンサーリンク
satoshiをフォローする
正直、どーなん?

コメント