旅行の撮影やVlogを始めるならSONYのデジタルカメラ『ZV-1』がとてもおすすめ、詳しくはこちらから

ZV-1にHAKUBAの保護ポーチのLサイズがもっと良かった

役立つアイテム

以前、SONYのZV-1を持ち運ぶためのポーチにHAKUBAのソフトクッションポーチMを購入してレビューしました。
その際には、ZV-1とソフトクッションポーチはピッタリでかぶせるような形で使用できて満足していたのですが、 SmallRigのL字型ウッドグリップをつけてからではサイズが小さくポーチに収まらない状態になりました。そこでHAKUBAのソフトクッションポーチのLサイズを購入。

本日は、SONYのZV-1の保護ポーチにHAKUBAのソフトクッションポーチのレビューです。

HAKUBAのソフトクッションポーチL

HAKUBAのソフトクッションポーチのLサイズ

HAKUBA ソフトクッションポーチL
HAKUBAのウレタンフォームでインナーポーチとして使い勝手の良いポーチです。以前はMサイズのブラックを購入し、今回はサイズLの購入です。

HAKUBAのソフトクッションポーチLの特徴

HAKUBAのソフトクッションポーチのLサイズとMサイズ

以前紹介したHAKUBAのソフトクッションポーチMとはサイズが違うぐらいです。Lは、約W170×H190mmになります。

HAKUBAのソフトクッションポーチのLサイズとMサイズ

MサイズでZV-1にぴったりという感じだったのでこのLサイズはどのぐらい余る部分が出るかが気になるところです。
また、SmallRigのL字型ウッドグリップをつけた状態でも収納が可能かどうかも気になるところです。

ZV-1にHAKUBAのLサイズのポーチ

HAKUBAのソフトクッションポーチのLサイズとZV−1

横においてもLサイズのポーチが大きいことがわかります。
まずは何もつけてないZV-1をこのLサイズのポーチに収納してみました。

十分なスペースがあり余裕があります。Mサイズよりも出し入れはしやすい感じです。ポーチの口を絞れば

HAKUBAのソフトクッションポーチのLサイズとZV−1

Mサイズのポーチではギリギリポーチの口にZV-1が入るという感じで、ポーチの表面にカメラのレンズ部分が出るという感じ。以下の画像がMサイズの使用イメージです。

HAKUBAのソフトクッションポーチのMサイズとZV−1

SmallRigを使用した状態で収納する場合は、Mサイズのポーチでは小さく収納することができませんでした。ウッドグリップの部分厚みができて収納が難しいという感じ。

HAKUBAのソフトクッションポーチのLサイズとウッドグリップをつけたZV−1

SmallRigのウッドグリップをつけたZV-1をLサイズのポーチに収納してみました。ウッドグリップを取り付けた状態でも余裕があり、出し入れもしやすいです。

HAKUBAのソフトクッションポーチのLサイズとウッドグリップをつけたZV−1の収納

カバンの中にZV-1を入れて持ち運ぶ際にもこのポーチが便利で、カバンの中でのカメラに傷つくことを防げることや、余裕があるので撮影したいときにさっとポーチから出すことができます。

Mサイズはピッタリという感じでLサイズは余裕がある感じです。
両方試してみた感じではLサイズの方が個人的には良いかもと思います。

最後に

HAKUBA ソフトクッションポーチLにZV-1を収納するとだいぶ余裕があります。SmallRigのL字型ウッドグリップをつけた状態でも余裕で収納が可能。

HAKUBAのソフトクッションポーチMとLの両方を試してみて私はLサイズが余裕があって良いかもと。Mはピッタリという感じでスッと出し入れをするという感じではないのでLサイズの方が出し入れしやすいです。

ZV-1のポーチとしてはHAKUBAのクッションポーチLが良いかと思います。

コメント