映画『STAND BY ME ドラえもん 』の感想。俺は好きだぞ

日記

映画のドラえもんが大好きなサトシです。
現在、Amazonプライム会員の無料体験中です。

ニートを加速させるAmazonプライム会員。

ドラえもんの映画が無料で見ることができる!っということで、ずっと気になっていた『STAND BY ME ドラえもん』を見ました。

今更見たのですよ。本日はその感想をここに書いていきます。
※若干のネタバレ、注意です。

スポンサーリンク

『STAND BY ME ドラえもん』あらすじ

出典:映画「STAND BY ME ドラえもん」公式サイト

原作の泣ける話を繋げて一つの作品となっています。

本作では、原作第1話「未来の国からはるばると」、しずかへのプロポーズから結婚までを描く「雪山のロマンス」「のび太の結婚前夜」、ドラえもんとの別れと再会を描く「さようならドラえもん」「帰ってきたドラえもん」、その他「たまごの中のしずちゃん」「しずちゃんさようなら」の原作7ストーリーを再構築し、ドラえもんとのび太の出会いから別れ、のび太としずかとの愛が描かれる。

引用:Wikipedia – STAND BY ME ドラえもん

ドラえもんがセワシくんと、のび太の机の引き出しから現れるところから、ストーリーは始まります。
ドラえもんは、のび太くんを幸せにするために頑張り、その過程においてのび太くんの成長を見届けて未来を変えるっというお話。

3D作品で、藤子・F・不二雄の生誕80周年記念作品なんですね。

ネットでのドラえもなーの反応、評価

ネットでの反応はかなり冷ややかっというか、

批判がすごいぞ!w

やはりドラえもんファン、たくさんのドラえもなーが納得していない様子。
私が、ネットで見た感じでは、『泣かそうと必死!』、『3Dは違和感がある』『原作に忠実じゃない』っというニュアンスの意見が多く感じます。

私とは違った反応や評価だったのでとても面白いですね。

私の感想

どうやら、『ドラ泣き』というキャッチコピーで広告されていたようで、
この映画が公開された時には、私は日本におらず、こういった宣伝を見たり聞いたりしていません。

『泣く』というこということを期待せずに、フラットな感じで映画を見ています。

そんな私の『STAND BY ME ドラえもん』の感想です。

あと、肩の力を抜けよ!肩の力抜いて見ろよ

っというツッコミは禁止です。

それぞれの未来が変わること

映画を見て、最終的な感想は、『未来を変えるってすごい』っという感想。

すごい小学生並みの感想ですが、正直に思ったことです。
未来から、のび太を変えるために、子孫(セワシくん)がやってくるのですが、のび太が変わってしまうと、セワシくん自体が変わってしまう。

セワシくん的には、過去を変えると自分にどういう影響があるのか、考えなかったのでしょうか。

のび太からすると、未来を変える!ってありな気がしますが、
セワシくんからすると、過去を変えるってことですよね。

……..

肩の力を抜けよ!肩の力抜いて見ろよ!

っという声が心の中から聞こえますが、少しおいといて。
のび太が未来を変えることによって、ジャイ子と結婚せずにしずかちゃんと結婚します。
そして、ジャイ子も漫画家として活躍している未来もあります。

こののび太だけ幸せになっているのではなく、のび太と結婚しないことでジャイ子も幸せになっている点。

ここもドラえもんで心がほっこりするところ。

想像を無限にさせてくれるドラえもん

映画序盤に、ドラえもんの道具がどんどんと出てきます。それはもうワクワクしますよ。

あんなこといいな♪できたらいいな♪ですよ。(古いね)

すごく想像力は無限と感じさせてくれます。

そして、ドラえもんが途中、『星のようにある可能性から、きっかけを君が掴んだんだよ』っと、のび太に言います。

誰にでもチャンスがあり、誰にでもよくなるきっかけがある。
それを掴むのは行動を起こした人だけです。

自分に子供ができたなら、こういう言葉をかけてあげたい。何気ない言葉でも、ドラえもんはいい言葉を言いますね。

のび太に見習う素直さや優しさ

のび太の素直さや優しさには、見習うべきところが多い。ドラえもんの忠告に結構素直に聞いているところ。

そして、行動を起こしているところ。

大人になるにつれて、人のいうことは素直に聞けず、何か自分を変えるための行動はわかっているけどしない。。。この点、私にはのび太が立派に感じます。見習わないと!

そして、のび太は優しすぎる!
スネ夫に犬をけしかけられて、犬にズボンを噛まれても、

『酷いイタズラをするなぁ』っと、

嘘つかれたり、殴られたりあれだけ、いじめられても、結婚前夜に一緒にお酒を飲み合える関係であること。

のび太からは、許すという寛大な心を感じます。この点も見習いたいところです。

個人的に好きなシーン

ドラえもんが未来に帰るとなった時、のび太の性格を読み上げていくところ。

昔、伝説の教師というドラマでも、『友達の欠点10個言えたらほんまの友達』っというセリフがありました。私はそれを思い出しました。ドラえもんとのび太との関係が固いものと感じますね。

ここで若干ウルっときたところ。

未来ののび太がドラえもんを遠くから見るシーンで子供ののび太に、

『ドラえもんとの時間を大切にしろよ』と伝えます。

なんというか、大人になったということを感じさせるシーンもじんわりときます。
どういったドラえもんとの別れがあったのかな、ふと想像しましたね。

まとめ

以上が、『STAND BY ME ドラえもん』を見た感想です。

個人的に、ドラえもんは、何かをする時、アイデアに困った時、気持ちが落ち込んだ時、そんな時に見ています。

この作品は、泣くというよりは、童心に帰らせてくれるような作品でした。
そして、色々と想像させてくれる作品ですね、

音楽『ひまわりの約束』も作品に合ってましたね。評価としては、オススメしたい映画です。
『ドラ泣き』っというよりもっと違う形で広告する方がよかったかもしれませんね。

日記
スポンサーリンク
satoshiをフォローする
正直、どーなん?

コメント