α6400で撮影した動画をiPad Proに取り込む方法

iPad Pro

iPad Proに動画が取り込めない、サトシ(@donann310)です

SONYのミラーレス一眼カメラα6400を購入してから撮影を楽しんでいるのですが、iPad Proに撮影した動画を取り込もうとAnkerのUSB-CカードリーダーをiPad Proに挿したところ動画のアイコン表示されずに取り込むことができない。。。

調べたところ、SONYのαシリーズのカメラでは動画は『PRIVATE』のフォルダに入っておりiPadでは『PRIVATE』のフォルダは現状読み込まないようで。写真の保存される『DCIM』はiPadで読み込まれて表示されるようです。
しかし、 SONYのカメラで撮影した動画をiPad Proに取り込む方法があります。

本日は、 SONYのミラーレス一眼カメラっで撮影した動画をiPad Proに取り込む方法を紹介します。

スポンサーリンク

SONYのミラーレスカメラで撮影した動画をiPadに取り込む方法

α6400とiPad Pro

SONYのミラーレスカメラで撮影した動画をiPad Proに取り込む方法は以下の2つ(2019.09.18現在)

  • カメラとiPad ProをUSB接続する方法
  • 『image edge mobile』アプリから転送する方法

iPadOSによりSDカードリーダーを接続からデータの読み取りができるようになりました。(2019.09.25 追記)

現状2つの方法があります。2つの方法を紹介します。

今回転送する動画は、α6400で撮影した動画です。
記録方式は、XAVC S HD
記録設定は、60p50m
動画サイズは、4.9GB 約13分ほどの動画です。

両方試してみたのですが、最終的にはアプリを使用するう方法で転送することができました。転送できましたが、時間がかかった。。。

SONYのカメラとiPadをUSB接続する方法

α6400とiPad Proをケーブル接続

SONYのミラーレス一眼カメラとiPad Proをケーブルで接続して動画データをiPad Proに取り込む方法です。
ただケーブルをさすだけで転送できそうなのですが、カメラ側でUSB接続の設定をする必要があります。

あらかじめ言いますが、この方法はオススメではありません。
1つのできる方法として紹介です。

カメラ側でする必要な設定は以下の通り。MENUから設定していきます。
※私はα6400を使用しています。

  • 『USB接続』で『MTP』を選択
  • 『USB LUN設定』を『シングル』を選択
  • 『USB給電』を『切』を選択

この設定をしてiPad Proにケーブルで接続するとiPad Proの写真管理アプリで読み込みが開き動画のアイコンも表示されて読み込むことができます。

しかし、実際に試してみたのですが、読み込みをタップしてから時間がかかり、途中で読み込みがとまったりとハッキリ言って使えないっという印象です。

『image edge mobile』アプリから転送する方法

『image edge mobile』のアプリでカメラの動画を転送する方法です。
ケーブルで接続する必要がなく、ワイヤレスでデータの転送が可能です。

この方法で動画の転送をすることができました。
時間はかかりますがiPad Proに取り込むことができます。

まず、iPad Pro側で『image edge mobile』をダウンロードして設定します。
最初にいくつかの質問に答えると使用ができるよになります。

Imaging Edge Mobile

Imaging Edge Mobile

Sony Imaging Products & Solutions Inc.無料posted withアプリーチ

カメラ側では、転送したい動画を選択しFNボタンを押して、スマートフォン転送で動画を選択します。選択するとスマートフォン転送用のQRコードが液晶モニターに表示されます。

α6400の転送用QRコード

このQRコードを『image edge mobile』のアプリで読み取ります。
読み取りができると転送が始まります。

iPad ProでQRコードの読み取り

時間がかかりますが、この方法で動画を転送することができました。
以上2つの方法で SONYのミラーレス一眼カメラで撮影した動画をiPad Proに転送することができます。

正直、動画の転送に関しては、時間もかかるし手軽とは感じませんでした。

iPadOSでより簡単にデータ転送を期待

iPadOS
出典:https://www.apple.com/jp/ipados/

今後、iPad ProにiPadOSが搭載されるようになります。
iPadOSでは、外部のストレージをつなぎデータのコピーペーストができるようになります。
これによって、紹介した2つの方法のケーブル接続やアプリからの転送ではなく、SDカードリーダーから簡単に動画を取り込むことができるのではないかと期待しています。

iPadOSにしてからα6400からの動画の転送がどのようになったかは追記したいと思います。

iPadOSでデータの取り込みが簡単で早くなりました(2019.09.25)追記

iPad ProにSDカードリーダーを挿し込み、ファイルアプリを開きSDカードを選択することで『PRIVATE』フォルダの中を閲覧することができ、選択した動画ファイルをiPadの中に取り込むことができます。

実際に、撮影した動画をiPadの中に取り込んでみましたが、とても簡単に取り込むことができました。
取り込みのスピードも早く、今までの方法よりも格段と快適さは上がりました。

iPad OSでSONYのカメラを使用していてiPadの端末で写真の加工や動画の編集をされる方にはとても快適なったと思います。

最後に

SONYのミラーレス一眼カメラからiPad Proへ撮影した動画を転送する方法としては2つの方法がありますが、転送に時間がかかり快適に作業ができるという状態は感じにくいです。

全く作業できないということではないのですが、今後アップデートされるiPadOSで快適にデータの転送ができるのではないかと予想しています。

iPad Pro日記
スポンサーリンク
satoshiをフォローする
正直、どーなん?

コメント