しっかりと自立する!海外留学、現地で守るべき6つの心構え

ワーホリ

自分で決めるんだ!サトシ(@donann310)です。

海外留学する!初めて海外で長期間生活する!

海外留学が初めての場合、現地に着くとワクワクする反面、不安も心にあります。

そんな不安から、すでに現地にいる人に頼ってしまうこともあります。

本日は、海外留学、現地で守るべき5つの心構えを紹介します。

スポンサーリンク

海外留学での5つの心構え

 

しっかりと自分の中で決めたことを持って海外の生活をすると、より大きな

語学面以外にも人間的に大きな成長が見込めます。

以外と簡単なこともありますが、

海外の現地では、語学の壁もありなかなか難しい面もあります。

 

問題解決は自分でする

 

現地では色んな課題や問題に直面することが多々あります。

これらの全て英語で対処しなければなりません。

買い物、交通機関の乗り方、銀行口座開設などなど。

人からのアドバイスを受けることは問題ありませんが、人にやってもらうっということは、しないと心に決めることが大切です。

初めての海外不安で人に頼りたくなるところですが、
問題を自力で解決することで、今後同じことが起きても自力で解決できます。
自分の成長にはこれがとても大切です。

 

私が海外初めての頃に直面した問題は、銀行口座のパスを間違えてアカウントに入れなくなったこと。

初めて、全く英語がわからないまま電話でパスワードのリセットをしました。今でも覚えています。

 

絶対に英語を上達させるという気持ち

 

絶対に英語しか使わない!っと心に決めても、日本語は必ずどこかで出てきます。

自分が日本から持ってきたものや、インターネットで見るページが日本語であったり、また、頭の中で考えている言葉が日本語だったり。基本的には、日本語は切ってもきれない存在です。

 

それでも、英語を使用する生活をすることが大切。

当たり前ですが、絶対に英語を上達させるという気持ちが大切です

一分一秒の積み重ねが英語の上達につながるはずです。

 

英語を使う日々を繰り返す。日常の中で目にするもの、英語で何ていうんだろうと疑問を持つことも大切。

 

日本人、日本の文化を遠ざける

 

海外では、日本語を使わないようにしよう!と心に決めると自然と日本人と話すことが減ってきます。
また、現地の文化を楽しもう!と決めると自然と日本の文化から遠ざかります。

現地では、現地の人と話し文化を存分に楽しむようにしましょう。
自分の中の常識やものの見方が大きく変わることもあります。

 

現地の文化や生活を知る上でフリーペーパーやチラシ、掲示板を見ると面白い情報がたくさんありますよ。

 

絶対に折れない心を持つ

 

絶対に負けない、絶対に折れない心を持ちましょう。

どんな境遇になっても、なんとかする気持ちは大切です。
現地で落ち込んでくよくよしてても、仕方がありません。

英語がうまく話せない悔しさを感じたら、次は絶対に話せるよう復習すること。
何か差別をされても凹まずに、笑いで返せるようにすること。

すると、英語の上達や人間としての成長が見込めます。

 

悔しさは、忘れずに次に活かすこと。また、いい意味で、鈍感でいることが大切です。

 

ストレスコントロールする

 

心構えから少しずれますが、現地ではどうしてもストレスはたまります。

英語や現地での生活、全てのことが慣れるまでストレスが続きます。

なので、精神的に疲れた、ストレスが溜まっているっというときの逃げ道を必ず作っておきましょう。

ストレスは他の人に向けて発散してしまいがちです、
海外の場合は特に日本人の人に、ストレスをぶつけてしまうことがありがちです。

自分のストレスコントロールをうまくすることがとても大切です。

 

私が、ストレスを感じた時は、無料の美術館に行く!または、芝生の公園でひたすら日光浴をするです。

現地で、自分なりのストレスの解消方法を見つけることが大切。

最後に、

海外留学の最初は、わからないことにたくさん出くわし、とてもストレスが溜まります。日本人と一緒にいることがとても楽に感じ、いつの間にか英語を勉強するという本来の目的が薄れてきます。

こうなると海外留学しにきたのに、何をしているんだろうとなりかねません。

なので、しっかりと心の中で決め事を作り、それを実行することが大切です。

海外留学する機会というのは人生の中でそう多くはないので、しっかりと心構えして留学したいですね。

ワーホリ
スポンサーリンク
satoshiをフォローする
正直、どーなん?

コメント