私の海外留学での3つの反省点!英語力をあげる費用を安く語学学校へ行く方法

ワーホリ

海外に合計3年6ヶ月住んいた、サトシ(@donann310))です。

英語を話せるようになりたいと言う方は多いと思います。そして、海外留学すれば英語力が上がる!話せるようになるっと思われている方や英語を話せるようになるために語学留学をする方も多いと思います。

私も、海外に出た理由の一つして、英語を話せるようになりたい!っと言うものがありました。

本日は、海外留学をするとどれぐらい語学力が伸びるのか、留学を考えている方へ、語学学校の費用をどう抑えて行くか、その辺、正直、どーなん?っと思うところを解決します。

スポンサーリンク

海外へ出て、どれぐらい英語力が伸びたのか?

ニュージーランドに1年過ごして、帰ってきて、無勉強でTOEICの試験を受けたところ、

結果は、705点でした。

行く前に受けたTOEICの点数は約540点ほどでした。想像していたよりも、点数を取れていることにびっくりしました。ちゃんと勉強して受ければもう少し点数が上がったと思います。

帰ってきてからTOEICを受けて感じたこととして、

リスニングは、すごく簡単。リーディングは、すごく難しい。といった感想です。

ちなみに、私自身の海外へ行く前の英語力は、大学入試にギリギリクリアしたレベル。大学に入ってからは、週に2回の英語の授業以外は何もしておりません。
そして、社会人になり2年ほど全く英語に触れていませんでした。

ニュージーランドに1年行って、TOEICのスコアが160点ほど伸びました。
結果として、留学すると英語のレベルが上がったということが言えます。

ニュージーランドでどう過ごしていたか。

3ヶ月語学学校に通っていました。クラスのレベルは、中の下です。

intermediateと言うレベルです。

クラスは、多国籍で15人クラスで日本人は私含めて3人でした。一緒によく出かけたりするのは、韓国人とよく遊んでいました。普段の生活は、日本人の人と一緒に住んで、日本語でしゃべっていました。

英語使うのは、家以外の場所で英語を使うと言う感じです。

今思う語学留学での反省点

私が、こうしとけばよかったなぁと思う反省点は以下の通り。

  • ホームステイをした方がいい
  • 日本語からは極力離れる
  • 語学学校をフルに使う

ホームステイ

私が初めてニュージーランドに行った際、その時はラグビーのW杯開催中でした。
留学エージェントに語学学校と住むところの手配をお願いしていたのですが、ホームステイが見つからず、1人部屋の学生寮を紹介してもらい住んでいました。

これは仕方がなかったのですが、語学留学するなら絶対にホームステイは経験しておくべきです。

理由としては、

  • ネイティブと会話をすることができる。
  • 現地の文化をより知ることができる

現地についたら、現地の人と生活することで、いろんな文化を知ることができます。

その過程において、英語力も伸びて行きます。

しかしながら、ホームステイのデメリットもあります。

  • ホームステイ先がよくない
  • 好きな晩御飯を食べれない
  • 生活の上での制限

ホームステイ先がよくないと、全く会話をしないまま、一人暮らしと同じという感じで、ホームステイが終わるということもあります。

そして、晩御飯を用意してもらえるのですが、自分好みでない場合、辛いです。
思いっきり不味いとも言えないし、なんとか我慢して食べると言うことがよくあります。

ニュージーランドならではかもしてませんが、節水すること、インターネットを使いすぎるなと言われること、門限も決められている場合が多いです。

と色々な、自由が制限される面もありますが、それでもホームステイをしたほうがよかったかなと今では思っております。いっときの我慢だけですし。

日本語からは極力離れる

語学留学中はやはり日本語を見てしまいます。インターネットを見ると絶対に日本語のサイトを見てしまう。

海外のサイトを見るように意識したいのですが、リラックスした時には、英語を全く見たくない。
英語を訳す作業がとてもストレスで全然リラックスできない状態になるからです。

また、海外では、出会った日本人の人と話したくなる。

海外に来ている人は、年齢も色々、職歴も色々。話してみると、とても面白いんです。
ですが、本来の目的は?海外に何しに行ってるの?って感じなのですが。

程よく日本語と付き合ってくことが大切だったなぁと反省です。

スクールをフルに使う

もっと学校を使って色々と遊べばよかったなぁと今に思って反省。
語学学校では、クラスでアクティビティーをしに行ったり、動物園に行ったりと何かイベントがあります。
このイベントに少し積極的に参加しておけばよかったと。

クラス以外の他の国から来ている人間と話す機会ですね。
また、もっと訳のわからない英語を話し続ければよかったと。

語学学校は、どんなに下手くそな英語でも、発音が悪くても、ジェスチャーで説明しても、話を聞いてくれます。そして、理解しようとしてくれます。

これをたくさんやっておけばよかったと反省。

語学学校から出ると、優しい人でないと話をちゃんと聞いてくれないよ。

以上が、私の1年目のニュージーランドへ行った時の反省点。これらをしっかりできていると、もっとTOEICのスコアは伸びていたかもしれません。

留学をすれば、語学力は上がります!

では、留学をするにあたって、どうすればいいのか。初めて留学する人は、留学エージェントの利用がいいと思います。

手数料無料の留学エージェント【Global Dive】

留学エージェントを使ったほうがいいかどうか

留学エージェントを使うと値段が高くなるよっという話を聞いたことがあります。
実際自分が、経験したこととして、留学エージェントを利用するかどうかどちらがいいのか紹介します。

語学学校の費用を抑えるなら、エージェントを使う

ワーキングホリデービザで語学留学するなら、学校に通える最長の期間、学校に通うことがオススメです。

最長で語学学校を申し込んだほうがいいです。長期で申し込むと授業料の割引をしているところが多いです。

この学校の長期での申し込みは、留学エージェントを通じて行うことが重要。

この場合、留学エージェントを利用するほうが授業料を安く通えます。

学校と留学エージェントで提携している場合が多いので、直接学校で授業料を払うと高い場合があります。
当時、語学学校の授業期間を延長しようと思い、学校に直接料金を聞くと、留学エージェントより授業料が高かったです。

語学学校の情報はこちらからどうぞ、語学学校の情報

語学学校に行くと、英語力はかなり上がると思います。
日本の英語教育とは全く違い、文法の使い方や単語も使い方など実際に英語で話しながら教えてくれます。

英語を話しながら勉強すると頭によく残ります。
家に帰って、あの時こう言いたかったのに言えなかった思いを反省し、次の日学校で、調べた言葉を使ってみる、通じれば成長ですし、間違っている場合は先生が直してくれます。

一度調べて、試して、直してもらう。この作業で語学力は伸びます。

飛行機、宿の手配、ビザに関して

初めての海外留学の場合は、全てを留学エージェントに任せると楽です。全て自分で手配すると言うことも可能ですが、これでいいの?と疑問が浮かぶこともあります。

飛行機の手配は、一度やったことがあるなら自分で行うほうがいいです。

初めての場合は任せるほうがいいと思いますが、自分で手配するほうが料金が抑えれるかと思います。

宿の手配は、ホームステイを希望するなら、留学エージェントに任せるほうが楽です。

ホームステイでなくシェアハウスを希望するなら、自分で探すほうがいいでしょう。ニュージーランドの日本語の情報サイトをみるとシェアハウスが簡単に見つかります。

どこの国にもこのような掲示板でシェアメイトを募集しているサイトがあるのでそこから家を探すことができます。

ビザの手配は、頑張れば自分でできます。

ネットで調べると申請方法が出てきます。私は、ニュージーランドやオーストラリアのビザは全て自分で申請しました。

私でもできたので、誰でもできると思います

でも、
私は、一度ビザ取得で、申請を拒否されたことがあります。

ニュージーランドのワーキングホリデービザを取得する際、ウェブ申請をして、レントゲン写真を香港に送るのですが、ウェブ申請をしてから、レントゲン写真を取ろうと病院に連絡したところ、レントゲン写真撮影可能な日が、少し3週間先でした。

その間に、ウェブ申請の期日が過ぎ、申請を拒否されました。

確認したところ再度申し込みすれば問題ないとのことで、レントゲン写真を撮影してから申請をすれば、ビザ申請の許可がおりました。この間のやりとり全て英語で、なかなか苦労をしたのを覚えております。

はっきり言うと全てを留学エージェントに任せるほうが楽!現地サポートが受けれるのもいい点です。

留学を考えている方は一度無料カウンセリングを受けてみることをお勧めします。

いろんな人のサンプルから、自分にあった形を教えてくれるはずです。
海外留学の無料相談はこちらからどうぞ。海外留学、無料相談

最後に、

留学したいなぁーって思っている方は、早く留学する方がいいです。
ほとんどの人は、『留学したいなぁー』で結局することなく過ごします。
迷っている方は、無料相談をしてみてはいかがでしょうか。

海外留学、無料相談

ワーホリ
スポンサーリンク
satoshiをフォローする
正直、どーなん?

コメント