ブログ記事で意識している全17ポイントと全体の書き方、流れを紹介

ブログ運営

見やすさ読みやすさにこだわりあり、サトシ(donann310)です。

ブログを書く人は、どんな感じで記事を書いているのか、
ブログを書く人はとても気になるところですよね。

本日は、ブログ記事をどう書いたら見やすく読みやすくなるのか、
記事作成の上で私が強く意識ていることを紹介します。

 

広告代理店で広告ビジュアルの審査・確認業務もしたことがある私が、

一番見やすいと感じるブログの流れを書いてくよ!

見やすさに関しては、かなりこだわりがあるぞ

 

スポンサーリンク

全体サイトと記事の構成

ざっくりとサイトの構成、記事の構成を画像にすると以下のような感じです。

 

 

サイト全体としては、記事の隣のサイドバーには、プロフィール、新着記事、カテゴリー、人気記事。

記事の構成として、タイトル、アイキャッチ、導入・本題、目次、見出し、画像、文章、吹き出し。

画像の吹き出し以降は、見出し→画像→文章→吹き出しと続けます。

以上のような形になっています。
見栄えは記事だけでなく記事の周りサイト全体も必要ですが
今回は記事にフォーカスを置いて各部分のこだわりを紹介していきます。

 

サイトの見やすさや読みやすさはとても重要です。

読者は、必要な情報だけが欲しい!すぐその情報がわからないとストレスの感じやすい!繊細な方々を想像して記事を作成しています。

私自身も、サイトが見にくい、わかりにくい、ブログ内で欲しい情報を探さないといけないと感じたらすぐ離脱してしまうので、自分のブログは見やすく読みやすくをこだわってます。

 

タイトル

タイトルは、必ずキーワードを入れています。
ネットでもよく書かれている通り、キーワード検索をしてから、キーワードを2、3語必ず入れます。

そして、32文字以内でタイトルをつけてます。
グーグル検索の結果で、タイトルが途切れないようにタイトル付けをする。

もう一点意識していること、タイトルには必ず数字を入れる。
これもよくネットでも書かれていることですが、具体性が出ます。
また、数が限られていると読みやすく感じます。

 

書くほうも数字を入れて書く方が、記事の内容が無限に広がっていかないので
数字を入れてタイトルをつけて、それを箇条書きにしていくのはとても楽な記事の作成の仕方と感じてる。

 

 

アイキャッチ

アイキャッチは必ず入れます。
この文章のおおよそのイメージを伝えることができること、
また、ブログカードのサムネイルにも表示されるのでリンクを貼った時にも見栄えがいい。

 

最近は、ちゃんとこだわってアイキャッチを作ってます。
基本的には、画像内にタイトルを入れたり、記事の要約を書いてます。

文字は見やすいように、白の透明度を上げたものを引いてから黒文字で書いてます。黒の透明度を上げて白文字で書くのはオススメできないです。
心理的に印象に残りにくいって何かの本で読んだ記憶があるからです

 

導入

導入部分には、必ず挨拶の一言とtwitterのリンクを貼っています。
単純に書き出しがしやすいからです。挨拶の一言は内容に即した感じで適当に書いてます。

一番意識しているのはこの導入部分では本題を必ず書くようにしています。

いったいこの記事はなんなのか!っというところです。

例として、インスタグラムの埋め込みの方法を書いた記事の導入です。

すぐにどんな内容がこの記事に書かれているのか、すぐ読み手がわかるようにしています。

他にも、読み手が共感する悩みや読んでほしいターゲットを導入に書く場合もあります。
これは記事の内容によって変えいます。

 

挨拶は大切!そして、

何について書かれているかが、すぐわかる方が、読み手にとってはいい。

自分自身が、最初の冒頭にこの記事がどう続くのかがわからない記事を見かけた時、すぐ離脱する癖があるからここは意識してます。

 

目次

 

目次は必要。
読み手がも知りたいことをピンポイントで見つけることができます。
読みたい場所にすぐ飛んでいけるのも便利です。

そして、
目次を見るだけで、全体的にこの記事に何が書いてあるかを把握するのも簡単になります。

例えば、
本を買うときに目次を見て、この本にはどういうことが書いてあるのか知ることができます。
そして、読みたい部分、読んでみたい部分がすぐにわかります。目次を見ることで、安心して本の購入を購入することができます。

記事でものある程度どんな内容かが、すぐわかるようにしておくという意味でも目次は大切です。

目次が無いと、読み手としては欲しい情報があるかないかがわからない状態です。
その状態はちょっとしたストレスです。その状態では記事を読んでらうのは難しい。

 

目次は、どんなブログにもあると思います。

個人的なこだわりとして、目次は中央に配置。その方が見栄えがいいと思ってます。記事を読んだ先に、欲しい情報があるのか無いのかすぐわかる状態を作っておくことが大切と思っております。どんなことでもわからないことはストレスを感じる

 

見出し

見出しで文章の伝えたいことを1つずつ区切っていくと見やすい記事の流れができます。
文章がずっと長く続くよりも、見出しで適度に区切ることで読みやすさが出てきます

また、デザイン面に関して、
見出しのデザインについては、シンプルなものを使用しています。
サイト全体の色やイメージに合うような見出しのデザインを使用しています。

見出しの色に関して、色を多用しすぎず、派手すぎないような色を使用
読んで欲しい文章に黄色マーカーを引くのですが、それが目立ちにくくなるのを防ぐためです。
色を使いすぎるとゴチャゴチャしたイメージになるので、文章が頭に入りにくいということは避けたいですね。

あと、見出しにもキーワードを入れるようにすることも大切です。

 

私は、『サイトのデザインや色をなんでこんな感じにしたの?なんでこんな色使ってるの?』って質問には答えられるようにはしています。

このサイトの場合は、よりシンプルにしたいということが一番にあったことと、

読んでくれた方に、写真のイメージや太字や黄色マーカーの部分を印象に残してもらいたいからこんな感じのデザインにしています。

 

画像

 

見出しの下には画像を入れます。
見出しに書いていることや画像の下に来る文章のイメージがしやすく、文章が頭に入りやすくなるからです。
文章のイメージに合った画像を挿入することが大切です。
私は、フリーの画像を使用しています。こちらを使用させていただいてます

また、画像に関しては、記事全体で3、4枚までと決めています。
画像が多すぎると、記事のイメージがごちゃっとすることと、スクロールするのがめんどくさくなるからです。
イメージが統一できて、必要であれば3、4枚以上使用する場合もあります。

 

記事内容と画像が合うと記事の内容を理解しやすい。

そんなに真剣に読んでない人にもなんとなく記事のイメージが伝えることができると思ってます。

 

文章

文章は特にこだわっている部分です。

読みやすいように改行を入れる。
2、3行に一回は間隔を開けるようにしています。この方が読みやすいです。

太字や黄色マーカーで読んで欲しい部分を強調することもしています。
見出しと太字だけを読んだらその記事の内容がわかるようにしています。伝えたいことを太字にしています。

黄色マーカーは太字と併用して使います。
絶対に伝えたいものは黄色マーカーでラインを引いています。重要な文章に引くようにしています。

他にも、
文字も読みやすいように漢字ではなくひらがなで記載することもしています。
例えば、「事はこと」、「辺り、あたり」など。このあたりは感覚的にやっています。

文章自体は、極力客観的な文章を作るように努力しています。

 

文章がずっと続くよりも、文章を区切るような感じで書く方が見やすく、読みやすいです。長文は見ていて読む気が失せるので、簡単に区切って書いてる方が読みやすい。息継ぎするような感じですね。

強調に関しては、黄色が一番目を引くようにサイト全体の色を白にしています。

吹き出し

吹き出し機能の使い方は、無限大です。

吹き出し機能で、補足情報やブログに私という人間味を出すようにしています。
人間味を出すことで、読者の方に身近に感じてもらえるのではないかという思いで吹き出しを使用しています。

吹き出し機能は、会話文にして記事を読みやすくすることもできるので便利です。

 

この記事では、全ての見出し以下にあえて吹き出しを差し込んでいます。

吹き出しは、極力くだけたで書いていますよ

 

記事の書き方、流れのこだわり

 

記事を作成する際に、どう書くかですが、
私は文章を書くことが得意ではないので、基本的には箇条書きにして記事を作成しています。

箇条書きにすることで、必要な項目がシンプルに把握できることで書きやすくなります。
この記事も最初に、各こだわる部分を出して、どうこだわってるのかを書いています。

導入→箇条書き→箇条書きの中身→まとめ

 

キーワードを調べて、キーワードからタイトルを作って、タイトルから思い浮かぶことや、書きたいことを箇条書きに出す、箇条書きの項目が見出しになって、

1つの見出しにつき200〜400文字書くようにしています。

見出しが5つほどになればすぐ、2000文字ほどになりますよ。

まとめ

以上が、ブログ記事の見やすさや読みやすさのこだわりです。
参考になる部分があると幸いです。

以下ポイントを簡単にまとめたので、見ていただけると幸いです。

では、

タイトル

  • キーワードを入れる
  • 32文字以内にする
  • タイトルに数字を入れる

アイキャッチ

  • 必ず入れる

導入

  • まず挨拶、まず本題を書く
  • 共感する悩みを書く

目次

  • 読みたい部分を探しやすく
  • 記事全体の把握をしやすく

見出し

  • サイト似合うデザイン
  • 色を使いすぎず、派手すぎず
  • キーワードを入れる

画像

  • 見出しの下に文章に合った画像を使う
  • 記事の全体で3、4枚ほど使用

文章

  • 読みやすく改行
  • 太字、黄色マーカーで強調
  • 漢字によっては、読みやすく漢字をひらがなにする

吹き出し

  • 人間味を出す
ツイッターの使い方。フォロワーを増やすためにしていたことの反省点
ツイッターの使い方を真剣に考えた、サトシ(@donann310)です。 ツイッターは何かを発信するのにとても適したSNSです。 それに、フォロワー数が増えるとそれだけ多くの人に発信した情報届きます。 ...
ブログ運営
スポンサーリンク
satoshiをフォローする
正直、どーなん?

コメント