質の高い記事とは?記事はどう書けばいいか?記事の書き方手順紹介

ブログ運営

質の高い記事とは。。。サトシ(@donann310)です。

 

毎回、記事を更新する時に自問自答する、

果たしてこれは、質の高い記事なのかどうか。

この自問自答を繰り返していくうちに、質の高い記事とは一体何なのか?

よく混乱しています。同じような思いをしている方がたくさんいると思います。

 

本日は、質の高い記事や記事の書き方について紹介します。

 

スポンサーリンク

質の高い記事の定義

 

質の高い記事は、Googleで上位に表示され多くの人に見てもらえるチャンスがあります。

どうせ記事を書くなら、書くまえに書き方を知ってから書く方がいいですよね。

では、一体どういうところを意識して書いていけばいいのか、

質の高い記事とは一体何かを調べてみるとよく出てくる事柄は大抵決まっています。

 

  • ユーザーに有益な情報が記載されている
  • 文字数が1000文字以上ある
  • 見やすく書かれているか
  • 情報の信頼性があるかどうか
  • 文章の内容が面白い

などなど。

では、具体的にどのように記事を書いていけばいいのか。

どのように記事を書いていけば上記のようなことが満たされるのか、

実際自分が記事作成の手順や意識している事を紹介します。

 

質の高い記事って簡単に言うけど、一体何が質が高いのかよくわからないですよね。

 

記事を作成する流れ

 

実際に私が行う記事の作成の流れです。

  1. キーワードを調べる
  2. タイトルを作成
  3. 見出しを作成
  4. 文脈繋がるように見出しごとに文章作成
  5. イメージを挿入
  6. 記事の全体が見やすいかプレビューして、改行を加える。

 

まずは、キーワードを調べて、どんなことを人は検索しているのかを知ってから、

それに則した内容を考えます。

タイトルを作成することで、記事全体のぼんやりとした方向性を固めます。

そこから、ぼんやりとした記事全体のイメージを具体的にする見出しを考えて、

記事の中身を具体的に固めていきます。

1つの見出しに300文字以上を意識して書いてます。

しっかりわかりやすく書くと文字数は簡単に増えます。

 

見出しごとに文章が書けたら、見出しごとの文章の繋がりを確認。

そして、記事のイメージが伝わりやすいように写真を挿入していきます。

最後に、プレビューをし、記事全体の読みやすさや見栄えを確認して完成です。

記事を書く上でより詳しく説明を引用などで行うと、記事の信頼性も上がります。

 

タイトルには、数字を入れるといいとよく言われます。ユーザーも何についてどれぐらい書かれているか、わかりやすいということもありますが、

記事を作成する上でも、数字を出して1つ1つについて書いていくと書きやすいですよ。

記事作成において一番意識している点

 

上記にある、質の高い記事の定義にあることを意識して、どう記事を作成しているか、

自分が特に意識して記事を作成している点について紹介します。

 

ユーザーに有益な情報かどうか

ユーザーに有益な情報かどうかは、記事を作る上でとても大切なことです。

 

ユーザーに有益な情報とは、

持っている問題や不満を記事を読むことで解決できた!

自分の欲しい情報がある!なるほど!っと納得できる情報がある!

っということです。

 

ユーザーが求めている情報がある記事を作成する。

この点を満たす記事の作成は、

検索されたキーワードから記事を書くという方法です。

 

検索されているワードは、誰かが情報を探しているということです。

キーワードを元に書く記事は、ユーザーの求める、検索する内容が書きやすいです。

なので、ユーザーに有益な情報になりうるということです。

 

最後に

質の高い記事は、ユーザーに有益な情報がある記事と認識してます。

 

ユーザーは、何かを知りたくて検索して、サイトに来ます。

その知りたい何かをキーワードから把握して、それに合った記事を書く。

こうするとユーザーに有益な情報を提供しやすいです。

 

また、記事を作成する上で、質の高い記事とは一体何か?

自分の書いた記事は質が高い記事なのか?と色々と悩むことがたくさんありますが、

最も大事なことは、立ち止まらず記事を書くこと!

記事をたくさん書いていると、どういった記事が読まれているのか、

検索されている記事や、よく読まれる記事がわかってきます。ここから分析し、

一番読まれている記事に関連する記事を増やしてみたり、記事の書き方を他の記事にも

応用してみたりすることができます。

とにかく記事がないことには、このような分析もできません。

継続することで、質の高い記事や自分に合った効率のいい記事の書き方が見えてきます。

では、

 

 

ブログ運営
スポンサーリンク
satoshiをフォローする
正直、どーなん?

コメント