発達障害の子供の医者選び!一番いいのは、たくさん足を運ぶこと

甥っ子

もうこれ以上発達しないかも、サトシ(@donann310)です。

自分の子供が発達障害かも?っと思うから、受診を考えようっと思っても、
どういう医者がいいのかわからない!っということがあります。

本日は、どういうお医者さんをどうやって選べばいいのか書いていきます。

 

スポンサーリンク

発達障害の医者選び

 

発達障害に関する専門の医者(先生)の選び方は、

自分の子供に合う先生をひたすら探しまくる!

皮膚科や耳鼻科へ行く!っという感じで発達障害に関する医者を選ばない方がいいかと。
また、誰かがオススメする先生を聞いて、行ってみても合わないこともあります。

先生の話をよく聞いてみて、自分や子供の様子を見て判断することが大切です。

 

私の甥っ子、きっくんは数件行った末に、いい先生を見つけましたよ

子供のためです、頑張って子供に合う医者を探してください。

いい先生が見つかった時のメリットは大きい

 

いい先生が見つかると、メリットがめちゃくちゃ大きいのです。
それは、

  • 子供がクリニックに行きたがる
  • 先生の対応を見て、真似することができる
  • 理解が深まる

 

子供がクリニックに行きたがる

 

いい先生に出会えた時は、子供の様子が生き生きとします。
子供が、自分を理解してくれている安心感や居心地の良さを感じるからです。

いい先生なら、
自然と会話等でそういったところを理解し、この子供に合った発言や行動をしてくれます。

クリニックは、子供があまり行きたがる場所ではないですが、安心感のある場所なら行きたくなりますよね。子供の心の負担をかけずに診断や対応策を考えることができます。

 

甥っ子きっくんは、めちゃくちゃ楽しそうに行ってます。
ストレスなく自然体でいれる場所があるというのはとてもいいこと。

 

先生の対応を見て、真似することができる

 

子供が怒っても何してもいうこと聞いてくれない!どうすればいいかわからない!
子供を初めて育てる親ならそういったことで悩むこともあると思います。

一度、受診して見て、先生やスタッフさんが発する言葉や対応を見てみるといいですね。

子供に対してどう発言すると子供はどう行動するのか、
そういったことの専門の方がされる発言、言葉選びや行動を見て、真似をすると悩まずにすみます。

 

甥っ子のきっくんに対して、自分で考えるように質問しています。
『これしたら、どうなる?じゃあ、やめとく方が良くない?』などなど。

あっさり言うことを聞いてくれたり、こちらの言葉の選び方でこうも変わるのかと

 

理解が深まる

 

発達障害に関しての理解が深まります。
いろんな事例を挙げて説明してくれるので、多くの対応策を知ることができます。

また、自分の子供の発達障害以外を知ることも大切。
自分の子供が似た発達障害の子供に上手く接することができるように教えることもできます。

周りのサポートが大切ですが、サポートする側に回って理解することも大切です。

 

発達障害って言葉が重く感じてたけど、一度知ってしまうと大した重みはなかった。甥っ子きっくんのADHDは、平たく言うと『KY』空気読めないですね。空気読めないやつ、私も空気読めないやつです。

 

まとめ、

いろんな医者がいます。
発達障害に関しては、どの医者でもいいというのはなく、
自分の子供が医者に対して何でも話せる、心が落ち着くような話ができる医者を見つけてあげることが、子供の成長にも大きなメリットとなります。

頑張って、子供に合う医者を探しましょう。

 

私の親が、甥っ子を見てもらうついでに、発達障害に関して一度私のことを医者に話したことがあるようで、その時、先生が『おそらく、疑いがありと思います、ですがもう年齢もいってるので、、、』っと、

この発言で、私の親はこの医者はダメと判断。

年齢いってようが何だろうが、人を理解し快適に過ごせるようにしてあげようと思得る人でないとって。
このような発言を見逃さずに医者を選ぶんだよ。

甥っ子
スポンサーリンク
satoshiをフォローする
正直、どーなん?

コメント