HIVと梅毒の検査に行ってきた!不安ならすぐ相談や検査に行くこと

日記

俺は心配性、サトシ(@donann310)です。

梅毒患者が急増しているというニュースを目にし、HIVや梅毒の検査をしたくなり、
実際に検査に行って、結果をもらって来ました。
▷ 参考:毎日新聞 – 梅毒患者、48年ぶり6000人超 出会い系アプリ一因か

本日は、HIVや梅毒の検査に行くこと、また予防等について書いていきます。

HIVや梅毒に関して何か心配と思っている方や、検査しに行くことへの不安が減るように参考になれればと思います。

スポンサーリンク

今回、HIV・梅毒検査に行った経緯

今回なぜ、HIV・梅毒の検査に行ったか。

ネットのニュースでHIVや梅毒の記事を一度読み、自分どうなのか気になりだしたこと。

また、
過去に海外で生活していたこともあり、今はHIVが体に潜伏してる(無症候性キャリア期)かもしれないと思ったことがあります。

 

ちなみにですが、私自身、心配性な性格でもあり、気になりだすとはっきりさせたくなります。はっきりさせたいので検査を受けよう決めました。

検査に行く

検査に行こうと思い、どこで検査できるのかを調べました。
以下のサイトを利用しました。都道府県を入力し『探す』をクリックすると検索結果が出てきます。

HIV検査・相談マップ 〜HIV・エイズ(AIDS)・性感染症の検査・相談窓口情報サイト
厚生労働省「HIV検査相談体制の充実と活用に関する研究」班による全国のHIV・エイズ(AIDS)・性感染症の検査・相談窓口情報サイト

一覧で、場所や最寄りの駅、実施日や受付時間や無料検査、予約不要、即日検査等の情報が出てきます。

私は、大阪市北区保険福祉センターで受けることにしました。

検査する場所で行うこと

検査する場所での一連の流れは、各会場のページに詳しく記載されています。
大阪市北区保険福祉センターの場合、下のリンクの検査の流れのPDFを見ると全体の流れを把握できます。

大阪市HIV(エイズ)・梅毒・クラミジア検査【無料・匿名】
▼内容 ▼実施場所・検査日・内容 ▼受検方法等 ▼その他 内容  現在、大阪府ではHIV検査受検者数が増加しています。特に区役所・chotCASTの土曜日・日曜日検査は大変混雑しており、長時間お待ちいただく場合があります。ご迷惑をおかけし..

検査申込書、アンケート、採血で終わりです。
クラミジア検査をする方は、事前に採尿をします。

実際に行ってみて

匿名ということもあり、名前を書くということがありませんでした。
無料で検査をして帰って来たという感じです。

いろんな年代の方や男性も女性も半々ぐらいいらっしゃいました。

検査で採血をしますが、あっという間に終わります。

採血の注射は、針も細いので全然痛くなかったです。

検査結果について

検査結果については、即日検査の場合は結果は約1時間後にもらえるようです。
私は、通常検査で結果は1週間後にもらいました。

結果を1週間も待てない!すぐ結果が欲しい方は即日検査のある会場で検査を受ける必要があります。

検査結果は、検査を受けた当人が受け取りに行く必要があります。電話等では教えてくれません。
私は、1週間後の同じ時間に検査結果を受け取りに行きました。

 

検査の結果は、係りの人と一緒に確認しました。
封筒に検査結果が入っており、まだ誰もみていないっというような状態で、
係りの人の前で封筒を開けました。

私の検査結果は、陰性(ー)で何も感染していないことわかりました。

陽性の場合は、係りの方が今後どうすればいいかを教えてくれるようです。
そこから、係りの方とHIVや梅毒の感染予防について話を聞き、冊子をもらいました。
これで、検査から結果をいただくまでの全行程です。

 

感染予防の方法

検査後には、HIVや性感染症についての冊子がもらえます。
その冊子を一読するだけでも十分知識を得ることができます。

ニュースでもあるように出会い系のアプリを使って知らない人と肉体関係を持つことや、
その晩だけの関係を持つなどが感染する可能性が高いようです。

もし、何か不安に感じたら、すぐ相談することや検査に行くこと

HIV検査・相談マップ 〜HIV・エイズ(AIDS)・性感染症の検査・相談窓口情報サイト
厚生労働省「HIV検査相談体制の充実と活用に関する研究」班による全国のHIV・エイズ(AIDS)・性感染症の検査・相談窓口情報サイト

 

不特定多数と性交渉を簡単にするな!

ワンナイトスタンドはするな!危うきには近寄らないことが一番です。

最後に

HIV・梅毒の検査に行って、行く前にあった『気になる』っという不安感はなくなりました。
実際に不安な方は、相談や検査に行くことがオススメです。現状抱えている不安感が多少和らぐと思います。検査会場や検査結果を一緒に見てくれる係りの人は、とても優しく対応してくれます。

ずっと付き合っていく体なので、大切にして行きたいですね。

 

日記
スポンサーリンク
satoshiをフォローする
正直、どーなん?

コメント