子供が発達障害かもしれない!?早く受診する方がみんなが楽になる

甥っ子

発達障害グレー、サトシです(@donann310

 

私の妹家族、妹の息子が発達障害の疑いがあり、受診したところ発達障害(ADHD)と診断されました。

本日は、発達障害に関して早く受診しすること、受診することで解決される様々なことについて書いていきます。

自分の子供が発達障害かもしれない!?と心配するお母さん、お父さんへの記事です。
少しでも、参考になればと思います。

 

スポンサーリンク

私の甥っ子のスペック

名前:きっくん
年齢:5歳
受診した時の年齢:4歳
発達障害の種類:ADHD
好きな食べ物:シャケおにぎり
将来の夢:ハンバーガー屋

保育園に通う男の子です。

 

普通にどこでもいるような見た目の5歳児です。

 

 

受診のきっかけ

 

発達障害の疑いは、保育園の先生からの受診の勧めがあった事。

初めて発達障害の疑いがあると言われた時、妹はショックだったようです。
妹は、きっくんが初めての子供で周りの子と同じで変わらないと思っていたのでショックも大きかったと。

保育園の発表会でも、周りの子と同じように演技したりしているので、発達障害かもしれないということに驚いていました。

そこから、しばらくいろんな方の意見を聞き受診することに決めたようです。

 

保育園の先生は、毎年たくさんの子供の行動を見ている、子供を見るプロです。
そういった方からの意見をしっかり聞いて行動する方が楽です。

子供の両親は、子供のことをよく知ってる!っと自負しますが、
子供がどんな気持ちになっているのかを読むって作業をどれだけしてきて、どれだけの作業量をこなしてきたのかと、(ノーオフェンスです。)
そこは保育士の方の方が経験を積まれてる分、素直に聞き入れる方がいいですね。

 

私から、きっくんを見ても、ただはしゃぎ回る元気な子。
多少、言うことを聞いてくれないということがあるくらいで、素人目では発達障害っということは感じれませんでした。

 

 

受診に関してのいろんな意見

 

妹は悩んでいろんな人からの意見を聞いたようです。
すると、受診した方がいいという方と、受診せず今まで通り育てたら?っという意見に分かれたようで、

受診した方がいいという方は、
早く診断してもらった方が、どう子供と接すればいいのか対応がわかる。
自分が子供に対する不安が和らぐ。

受診しない方がいいという方は、
今後、発達障害の診断の履歴は、社会で生活する上で不利に働くのではないかと。

 

私は、すぐ受診した方がいいという方で、
自分のどうしていいかわからないことは、本職の人にすぐ頼む方が解決策が簡単に見つかる!っとする方が楽だからです。

 

受診することのメリット

受診した結果、受診することのメリットは大きいです。

今把握している実感するメリットは以下の通り、

  • 不安の解消
  • 子供との接し方がわかる
  • 子供のストレスの軽減
  • 保育園の理解ある対応

受診して変わったこととしては、子供との接し方がよくわかったこと。

 

不安の解消

 

受診することによって、一体どんな症状なのかということがはっきりします。

はっきりすることでその症状とどう向き合うか、どうすればいいのかっということがわかってきます。受診しないままでいると、全てがわからないまま、子供の気持ちや思いを深く理解できないままになってしまいます。

 

子供の心配をするのは親として当たり前です。その心の負担を減らす方法の一つですね。

 

子供との接し方がわかる

 

子供の診断書をもらえます。診断書には、どう接すればいいかといった情報が記載されています。我が家では取扱説明書と呼んでいます。

取扱説明書には、
子供の特徴から、どのように説明すればいいのか、注意するときにはどういう言い方をするといいか、といったことが記載されています。

※このような子供の取扱説明書を描いてくれる医師を受診することが大切です。

 

これは攻撃的な意味ではないのですが、
子供の親は、子育てをしますが、子育てのプロではないと思います。

特に、変化を続ける年齢の子供に対しては、ベストな対応ができないと思います。こういった自分の子供専用の取扱説明書があると手助けにはなると思いますよ。

 

 

子供のストレスの軽減

 

子供もストレスを貯めています。

子供も自分が理解される環境には安心感があり、楽しむことができます。
正しいその子供に合った接し方がわからないと、親の方もストレスがたまり、
つい怒ってしまうこともあるのではないでしょうか。

子供も何が良くて何が悪いのかわからない状態で怒られることにストレスがたまると思います。

 

甥っ子もストレスが溜まっているっということを理解することで、
もっとお互いいい関係になれるのではと、おじさんは思っているよ。

 

保育園の理解ある対応

 

子供の症状への周りの理解は必要不可欠です。
診断することによって、保育園でも理解ある対応をすることができます。

周りも何をどうしたらいいかわからない状態で接するのは難しいです。
子供の成長は親以外の周りのサポートも大切ですね。

 

発達障害の診断を受けて、保育士を2人にみてもらうことになった!っということを聞いて、他より手をかけてもらって得やん!っと思ったぞ

 

最後に

医療が進歩したおかげで、いろんな症状が明らかになり、その対処法もわかってきています。

子供が発達障害かもしれないと悩んでいる暇があったら、すぐ受診した方がいいということです。受診することは、もちろん子供のためでもあるし、自分のためでもあります。

 

昔は、発達障害、ADHDなんて言葉はなく。。。
子供の頃にこういった症状を早く受診して、理解される環境にあったら、もっとストレスなくもっといいように成長していたかもしれない。っと思うこともあります。

では、

 

甥っ子
スポンサーリンク
satoshiをフォローする
正直、どーなん?

コメント