お金を貯めたい!オーストラリアで簡単にできる5つの節約料理!

ワーホリ

オーストラリアで、一瞬貯金が0になったことがあるサトシ(@donann310)です。

オーストラリアでワーキングホリデーや語学留学で一人暮らしをしている方、
できる限り、節約していると思います。

本日は、貯金が底につきそうな時に私がしていた節約料理を紹介します。
オーストラリアのスーパーならどこでも買える食材なので、ぜひ試して見てください。

スポンサーリンク

オーストラリアでの節約料理にオススメの食材

 

オーストラリアでの節約料理にオススメの食材は、

  • パスタ
  • 牛ミンチ肉
  • チーズ
  • 野菜
  • ホームブランド

基本的に、どれも量が多く安く購入することができます。

パスタ
節約するなら定番のパスタです。

牛ミンチ肉
量も多く、色んな料理に応用できるのでオススメです。

チーズ
どんな時にもちょっとした味のアクセントになるので、使い勝手がいいです。

野菜
値段が安い。それにオーストラリアの野菜は美味しい。
健康面でもいい点です。

そして、ホームブランド。
ワーホリ、留学生の味方です。各スーパーが出しているオリジナルの商品です。プライベートブランドとかPB商品と呼ばれるものですね。

色んな料理に応用できる食材を購入していると使いやすくていいですよ。

誰でも簡単にできる節約レシピを紹介

私が、オーストラリアで無職でお金だけが減り続けた時に、実際にしていた節約料理を紹介します。全く料理したことのない方でも簡単にできる料理です。

レシピ1、ペペロンチーノ

 

ペペロンチーノ

材料

  • パスタ
  • 鷹の爪
  • パセリ
  • ニンニク
  • オリーブオイル
  • 塩胡椒

作り方は、パスタを茹でて、オリーブオイルにニンニク、鷹の爪の輪切り、パセリのみじん切りを一緒にして用意しておきます。パスタが茹で上がったら、オリーブオイルとその他材料を一緒に合わせ、少し炒めると完成です。

友達のイタリア人が実際に作っていた方法です。

ニンニクは他の料理で、使用することも可能ですが、パセリや鷹の爪は他の料理では使いにくい面もあります。ただ簡単に作ることができる料理なので、揃えておくといいと思います。

私の知り合いは、パセリを育てておりました。なので毎回購入する必要なくて節約にもなります。バジルを育てて料理に使っている方もいました。

レシピ2、野菜炒め

 

野菜炒め

材料

  • 玉ねぎ
  • 白菜
  • 人参
  • カプシカム
  • 豚ミンチ肉
  • 生姜
  • 醤油、塩胡椒
  • オリーブオイル

作り方は、全ての野菜を食べやすいサイズに切り、炒めるだけ。

オーストラリアでは、野菜は安く買うことができます。一番安い量で買ったとしても、
数食分の野菜炒めを作ることが可能です。

この野菜炒めで生姜は重要です。生姜を入れないと美味しいものができないので注意です。

レシピ3、アンジーパスタ

 

アンジーパスタ

材料

  • トマト缶
  • ツナ
  • パスタ
  • 塩胡椒

作り方は、パスタを茹でて、その間にトマトソースを煮込みます。
トマトソースにツナを入れ塩胡椒で味をつけます。パスタと混ぜ合わせて完成です。

友達のイタリア人 アンジーがよく作っていたパスタ料理です。
私も真似してよく作りました。

ペペロンチーノに飽きたら、このトマトソースを使って別のパスタを作るといいです。
極薄ハンバーガーで買った牛ミンチ肉を使ってボロネーゼ風のパスタも作ることが可能です。

レシピ4、極薄ハンバーガー

 

極薄ハンバーガー

材料

  • 牛ミンチ肉
  • トースト
  • チーズ
  • 玉ねぎ
  • ケチャップ
  • オリーブオイル

作り方は簡単です。
牛ミンチ肉を円盤型に形を整えてパティを作り、
フライパンにオリーブオイルを引き、焼きます。
玉ねぎは火の通りやすい大きさに切り、少し火を通します。
トーストの上にチーズをのせて、その上にパティ、玉ねぎをのせ、ケチャップをかけて、
トーストで挟むと完成です。

パティを作る時に必ず意識して欲しいことは、すっごく薄くパティを作ること
500gの牛ミンチ肉で7枚ぐらいのパティを作ることができます。

極薄ハンバーガーのいいところは、
こうしておくことで、冷凍庫で保存して日にちを持たせることができることと、
すごく薄いパティなので、全体に火が入るのが早いです。

レシピ5、偽フィレオフィッシュバーガー

 

偽フィレオフィッシュバーガー

材料

  • トースト
  • フィッシュフィンガー
  • マヨネーズ
  • チーズ
  • オリーブオイル

作る工程は、極薄ハンバーガーと同じで、トーストで、フィッシュフィンガーにマヨネーズをかけ、チーズをのせて挟むだけです。

ここでは、フィッシュフィンガーが活躍してくれます。

フィッシュフィンガーとは、白身魚のフライの冷凍です。

         出典:woolworths

4ドル以下で、購入できて、40本入っております。woolworthの冷凍食品コーナには必ず置いてある商品です。

偽フィッシュバーガーを作る際には、このフィッシュフィンガーを4本使うとちょうどトーストのサイズにおさまります。40本入りなので10食分作ることができます。

最後に、

節約料理で大切なことは、購入した食材が色んな料理に応用できることを意識すること。

今まで料理をした経験が浅い方は、この辺で悩む場合が多いと思います。
スーパーで食材を購入する際は少し意識してみてはいかがでしょうか。
パスタ料理は応用が効きやすいのでオススメです。

海外でシェアハウス!共同生活をストレスなく快適に過ごす5つの方法
一人暮らしよりシェアハウス派、サトシ(@donann310)です。 私はオーストラリアで、なんどもシェアハウスで生活をしていました。 海外でシェアで住むのは日本以上に当たり前のことで、掲示板を見ると、...
ワーホリ
スポンサーリンク
satoshiをフォローする
正直、どーなん?

コメント