海外留学で大切な語学学校の選び方!事前に確認したい5つのポイント

ワーホリ

語学学校の生活は楽しい、サトシ(@donann310)です。

英語を海外で学ぶ、しかも年齢も国籍も違う人たちの中で勉強するのはとても楽しい。

海外での勉強はとても楽しく発見の日々です。
私たちの知っている日本の英語教育との違いも感じることができます。

しかし、

ちゃんと語学学校を選ばないと、残念な状況にもなり得ません。
本日は、語学学校を選びについて紹介します。

 

実際に私が語学学校を選んだ時の基準や

学校に通いだして、他の学校の話を聞いたことなどの経験から、

選び方を紹介します。

 

スポンサーリンク

最初がとても肝心!大切な海外の語学学校の選び方

英語を勉強する上で、現地の語学学校へ通うのはとても勉強になります。

英語の伸びに関わるので、語学学校を選ぶのはとても大切なことです。

一番気になるのは、日本人のいる割合

 

現地の語学学校に通う上で一番気になるのは、学校内に日本人がどれだけいるのか。

日本人が多い学校に通うと、どうしても日本語を話してしまいます。
自分の理解ができなかったことなど相談はしやすいのですが、英語を使用するという機会が少し減ります。

 

また、よくあるパターンとしては、

その語学学校の生徒の割合、ほとんどが、韓国人と日本人で構成されているパターンです。

初めのうちは、韓国人の友達と英語を話す環境を作るのはいいのですが、
韓国人の発音は日本人にとって聞き取りやすい場合が多くコミュニケーションが楽にできます。

ですが、
英語の聞き取りや発音の上達には、やはりネイティブや他の国籍の人と話す方がいいです。

 

やはり多国籍な語学学校がいいですよ

多国籍の語学学校に行くと、ヨーロッパ、中東、南米からの生徒と一緒に授業を受けることがあり、
必然的に英語を話さざるおえない環境になります。

また、多国籍の教室の中で勉強をすることはとても大きな発見もあります。

日本では、静かに座って授業を聞く、わからないところがあれば授業後、先生に質問しに行く。
これが当たり前だと思います。しかし、多国籍の教室の中では、その場で質問がバンバン飛び交います。
この光景は日本とは違う授業風景です。

 

私が初めて、語学学校のクラスで授業を受けた際、

みんな、英語でバンバン質問していました。みんなの英語のレベル高い!っと思い圧倒されてたのですが、後々聞き取れるようになってみると、みんなめちゃくちゃな英語で話していましたよ。

 

 

語学学校の規模はどんなものか

 

語学学校の規模を確認しておくことも大切なポイントです

全体でどれぐらいの生徒数なのか、1クラス何人ぐらいなのか事前に知っておくといいです。

規模の大きい語学学校であれば、いろんなコースが用意されています。
IELTSコースが用意されているなど。

規模が大きいとクラスのレベル分けも細かくされている場合があります。
なので、なかなか上のクラスへと移るのは難しくしっかりと勉強をしなければなりません。

 

規模の小さい語学学校では、1つしかコースがないけれども深くそれを学ぶことが可能です。
また、生徒数も少ないので、わからない点は質問しやすいです。

 

IELTSって海外に行って初めて知りました。

移住する際に必要なテストのようで、多くの人がこのコースを受講していました。また、日本では有名なTOEICテスト、このコースは日本人韓国人以外誰も受講していませんでした。この違いはなかなか面白いです。

 

 

学校の設備はどんな感じ?

 

学校の設備はちゃんとしているのかどうか、気になる点です。

高い授業料を払って行くのですから、授業以外にも設備もちゃんとしていて欲しいです。

パソコンが使用可能か、スキャンやプリントアウトすることができるのか、
図書室があるのか、ランチ時には、電子レンジやケトルが使えるのか、
娯楽の施設はちゃんと整っているのか。

細かなことですが、施設が整っている学校はとても過ごしやすく、利用しやすいです。

 

私の通っていた語学学校では、自販機が壊れていました。

そして、ランチタイムの電子レンジを使うのに長蛇の列ができていました。

電子レンジ2つのうち1つが壊れていた。。。

 

 

学校内でのサポート

 

学校に日本人カウンセラーがいるかどうか確認しておくことです。

学校内でコミュニケーションによるトラブルや、ホームステイ先でのトラブル、ホームシックなど

誰かに相談したい!っという時にサポートしてくれる人が学校にいるととても安心です。

 

ただ、自分で努力すれば解決できる問題を相談するのはダメですよ。

銀行口座が開設できないとか、家を見つけれないとか、

ここは自分で強くならないといけないところですね。

 

私の行った語学学校の2人カウンセラーがいて、一人はよかったのですが、もう一人は、よっぽどのことがないがぎり、電話してこないでください!っとピシャッと言われました。

仕事増やしたくないのか、それともナンパされるとでも思っているのか、

すごい嫌なカウンセラーでした。これはもう運でしかないですね。

 

 

課外授業が盛んかどうか

 

課外授業が盛んな学校に通う方がいいです。

授業を受けるクラス以外での友達ができるからです。

また、学校でイベントをたくさんやっている語学学校もいいですね。

教室で座って学ぶことや、教室外で動いて学ぶこと両方ができると英語も伸びやすいです。

英語が自然と話せる環境をたくさん用意してくれる学校はいい学校です。

 

私が通っていた語学学校では、タッチラグビーが定期的に行われていました。

また、毎週水曜日はバブに飲みに行くイベントもありました。

 

 

 

最後に、

語学学校を選ぶ際には、事前に無料のエージェントで質問をし確認しておくことが一番重要です。

質問は、以上のようなポイントを質問すればしっかり語学学校の特徴が知れますよ。

無料カウンセリングはこちらからどうぞ →無料カウンセリング

 

オススメ関連記事

私の海外留学での3つの反省点!英語力をあげる費用を安く語学学校へ行く方法
海外に合計3年6ヶ月住んいた、サトシ(@donann310))です。英語を話せるようになりたいと言う方は多いと思います。そして、海外留学すれば英語力が上がる!話せるようになるっと思われている方や英語を話せるようになるために語学...
ワーホリ
スポンサーリンク
satoshiをフォローする
正直、どーなん?

コメント