最初は不安?海外にきたらバッパーに泊まる!バッパーとは何かまとめ

ワーホリ

バッパー暮らしトータル1年以上、サトシ(@donann310)です。

海外には当たり前のようにあるバッパー。知ってますか?
バックパッカーのための宿泊施設です。

ワーホリで海外にいる人や海外各地を巡っている人はよくお世話になるバッパーです。

本日はバッパーについて紹介します。

スポンサーリンク

バッパーとは

バッパーとは、バックパッカーなど安い料金で宿泊することができる施設のことです。

バックパッカーたちがよく利用する施設で、バッパーと略されて呼ばれています。

バックパッカーとは、

バックパッカー(英語: backpacker)とは、低予算で国外を個人旅行する旅行者のこと。

引用:Wikipedia – バックパッカー

宿泊料金を抑えて旅をしたい方にはとても便利な宿泊施設です。

 

また、オーストラリアの地方には、季節の仕事(農家)を斡旋するバッパー多くあり、

セカンドビザを取得する目的で季節労働で地方に行く方の多くはバッパーを利用します。

 

バッパーのメリットとデメリット

バッパーに宿泊するメリットとデメリットを紹介します。

バッパーに宿泊するメリット

バッパーに宿泊するメリットは、

  • 宿泊料金が安い
  • 人との交流がある
  • 洗濯、掃除をしなくていい
  • 旅の都合に合わせて宿泊

 

宿泊料金が安い

 

ホテルとは違い料金が安いです。

オーストラリアでは一泊4人部屋で25ドルほどで宿泊が可能です。

また、バッパーによって、1週間の料金設定がある場合もあるので、

宿泊するバッパーで確認することがオススメです。

宿泊の際は、Booking.comで検索して、宿泊料金を確認して、事前に予約しておくとスムーズです。

 

人との交流がある

 

いろんな旅行者と交流することができます。

他の旅行者と交流することで、旅に関しての情報交換が可能です。

バッパーで知り合った人と一緒に目的地に行くなど、旅としてもとても楽しいですよ。

仕事斡旋するバッパーであれば、仕事を待つ間の遊び相手にもなります。

また一緒の職場になるといい同僚にもなります。英語を学ぶという意味でもたくさん会話が可能です。

 

洗濯、掃除をしなくていい

 

バッパーでは、バッパー全体を清掃する人がいます。

なので、最低限自分のベッド周りだけを綺麗にしておくだけでいいです。

面倒なトイレ掃除や風呂掃除も一切せずにいられるので、楽です。

洗濯は、自分のものは自分でしなければいけませんが、

ベッドのシーツが汚れたら、受付に持って行くと新しいものに交換してくれます。

洗濯の手間があまりありません。

 

日程や仕事、都合に合わせて宿泊

 

短期、1日単位で予約し宿泊できるので、

自分の旅行の日程に合わせて、都合よく利用できる点もいいところです。

目的地へと移動する際に、2、3日のちょっとした合間の宿泊にも便利です。

また、ワーホリの方で、シェアハウスの入居可能日までの日程調整でバッパーに泊まることもできるので、

バッパーは便利に利用することができます。

仕事を斡旋してくれるバッパーでは、仕事を斡旋してもらえるので宿泊するメリットは大きいです。

そして、仕事が来たら、そこから送迎してもらえることもあり、車も必要なく仕事に行けます。

バッパーは、宿泊でも仕事面でも自分の都合にあった利用が可能です。

 

宿泊料金も安く、人と交流したい人にはぴったりです。

英語も自然と上達する環境ですね。

 

 

バッパーに宿泊するデメリット

バッパーで宿泊するデメリットとして、

  • プライベートがない
  • 基本的に騒がしい
  • 設備が整っていない
  • 掃除が行き届いていない
  • 盗難、物がなくなる

 

プライベートがない

 

1人の時間、プライベートが宿泊中は無いです。

料金の安い部屋は、4人部屋や8人部屋など複数の見知らぬ人と一緒になります。

なので、1人の時間はありません。

1室を4人で共同利用するので、譲り合いや多少の気遣いが必要です。

 

基本的に騒がしい

 

静かな部屋は基本的に就寝時間以外あまりないです。

4人部屋でいると1人1人の生活習慣が違います。

1人は早朝に起きるためにアラームを鳴らす人や、夜型の人がいたり、

それぞれにあった生活をみんなしているので、騒がしいです。

また、金曜日や土曜日は、バッパー内でもお酒を飲んでパーティーをしている人たちもいます。

なので、早く寝たいけど外がワイワイと騒がしいということもよくあります。

 

設備が整っていない

 

生活する上で必要な設備が整っていない場合があります。

例えば調理器具がなく、自分で用意必要がある場合です。

フライパンや食器類も自分で用意が必要な場合もあります。

そして、冷蔵庫の数が少なく食料がそんなに保存できないこともあります。

洗濯機も壊れていたり、またそんなに清潔でないこともあります。

なので、生活に不便を感じることもあります。

 

掃除が行き届いていない

 

綺麗好きな方には辛いかもしれません。

掃除が行き届いておらず、共有スペースが汚いということがあります。

ほとんどのバッパーは、

清潔さは大きな評価にも関わってくるところなのでキッチリとしている場合が多いのですが、

日によってはすごく汚れている場合があります。

クリーナーの人は清掃専門の人を雇っている場合もあれば、

エクスチェンジでバッパーの清掃をしている人がいる場合もあります。

エクスチェンジとは、バッパーで仕事をする代わりに無料で宿泊できるというもの。

エクスチェンジの人は、基本的に私たちと変わらない普通の人が掃除をしています。掃除が甘い時もあります。

 

盗難、物がなくなる

 

よくあるトラブルです。鍵付きロッカーがあるバッパーを選ぶことが大切です。

また、貴重品はしっかりと管理してロッカーにしまうこと。また、部屋の鍵をすること。

盗難をする人は、バッパーに住んでいる人以外の場合が多いです。

自分の物がなくならないように、ちゃんと管理する必要があります。

 

神経質な人には向かないかもしれませんね。

本当に困るのは盗難です。でも、しっかり鍵付きロッカーで荷物を補完すれば、基本的には大丈夫ですよ。

 

海外のバッパーで貴重品以外で気をつけたいよく無くなる持ち物
あれ?あれどこいった?、サトシ(@donann310)です。 海外にワーホリでいろんな土地を巡っていると、宿はバッパーになります。 4人部屋や8人部屋など複数の人と一緒の部屋で過ごし、いろんな国の人や文化に 触れる...
今となるとバッパーでの生活はまるで毎日が修学旅行の夜のように楽しかった
バッパー生活はいい思い出、サトシ(@donann310)です。 バッパーに泊まるといろんなことが起こります。 楽しいことも、ストレスの溜まることも、でも今となっては全て笑って話せる経験! 私のバッパーで過ごした経験...

最後に

バッパーとは何かを紹介しました。いい店もあれば悪い点もあります。

旅をする中で、人との交流をしたい方にはぴったりです。

また、海外で異文化を味わいたい!自分を少し変えてみたいと思っている方にもぴったりです。

多少過酷な環境で生活する方が強くなれますよ。

 

海外留学に興味がある方やワーホリに興味ある方は、無料のセミナーに行ってみてはいかがでしょうか

海外留学【スマ留】

ワーホリ
スポンサーリンク
satoshiをフォローする
正直、どーなん?

コメント