SONYのデジタルカメラ『ZV-1』を予約受付中!私は予約しました、その理由はこちらから

動画編集のモニターヘッドホン『オーディオテクニカ ATH-M20x』レビュー

ガジェット

動画でも重要な要素である音。動画編集時に音をしっかりと確認しながら作業するためにはモニターヘッドホンがあると便利です。私自身、YouTube投稿する動画の音の確認用のヘッドホンが欲しくて調べていました。調べるとモニターヘッドホンは値段の高いものから手ごろなものまで多数あり、今回は値段も手頃で評価も高いモニターヘッドホンを購入。

本日は、動画編集に使うため購入したモニターヘッドホン『オーディオテクニカ ATH-M20x』のレビューです。

モニターヘッドホン『オーディオテクニカ ATH-M20x』

モニターヘッドホン『オーディオテクニカ ATH-M20x』

オーディオテクニカ ATH-M20x
モニターヘッドホンのエントリーモデルです。このモデルの上位モデルとしては、ATH-M30x、ATH-M40x、ATH-M50x、ATH-M70xなどがあります。

『オーディオテクニカ ATH-M20x』内容物・特徴

オーディオテクニカ ATH-M20xの内容物は非常にシンプルでヘッドフォン本体に保証書です。

モニターヘッドホン『オーディオテクニカ ATH-M20x』の内容物

ヘッドホンを持ってみると軽くて、触った感じはプラスチックな感じの印象です。高級感がある感じはしません。

モニターヘッドホン『オーディオテクニカ ATH-M20x』

ヘッドホンのサイドにはオーディオテクニカのロゴとモデル名称が入っています。

モニターヘッドホン『オーディオテクニカ ATH-M20x』のロゴ

ヘッドホンの頭部にオーディオテクニカのロゴと名称が入っています。頭部のパッドは内側が柔らかくなっています。

モニターヘッドホン『オーディオテクニカ ATH-M20x』のロゴと名称

サイズの調整が可能です。

モニターヘッドホン『オーディオテクニカ ATH-M20x』のサイド

柔らかく密閉感のあるイヤーパッド。ヘッドホンを捻っても柔軟性があります。

モニターヘッドホン『オーディオテクニカ ATH-M20x』のイヤーカップ

コードは3.0m。

モニターヘッドホン『オーディオテクニカ ATH-M20x』のコード

3.5mmで6.3mmの変換アダプタが付属

モニターヘッドホン『オーディオテクニカ ATH-M20x』のジャック

オーディオテクニカ ATH-M20xはヘッドホンとコードは一体型で取り外しができません。また、折りたたみ式ではないこともあります。上位モデルではコードの取り外しや折りたたんでコンパクトにできるものがあります。

オーディオテクニカ ATH-M20xの使用感

モニターヘッドホン『オーディオテクニカ ATH-M20x』の使用感

オーティオテクニカ ATH-M20xをつけて動画編集作業をしてみました。初めてのモニターヘッドホンの使用ですが期待していた以上に良さを感じています。

音が思った以上にクリア

動画編集でオーディオテクニカ ATH-M20xを使った印象としては音がとてもクリアに聞こえる感じです。低音が強いということもなく、どの音も平均的な感じで聞こえます。モニターイヤホンとしてしっかりしています。

音質に関しては人それぞれの感じ方があると思うので表現は難しいとこもありますが、初めてモニターヘッドホンを購入した私には十分に感じます。

ほどよい密閉感

オーディオテクニカ ATH-M20xのつけ心地としては、程よい密閉感があり長時間使用でも耳が痛くなるということがなかったです。

2、3時間つけてましたが全く問題なく使用できています。締め付けがあるという感じはなく、ほどよい密閉感があるという印象。遮音性に関しては多少外部の音が聞こえる感じがします。

初めてモニターヘッドホンを購入するという方にはちょうどいいヘッドホンではないでしょうか。

まとめ

モニターヘッドホン、オーティオテクニカ ATH-M20xの購入レビューです。
動画編集で使用する目的で購入して期待していた以上に使えるヘッドホンという感じです。手頃な価格でオススメのモニターヘッドホン。

YouTubeに投稿する動画編集でも音は重要な要素で、しっかりと確認をしながら作業するならこういったモニターヘッドホンがあると便利です。

コメント