海外でも社畜?オーストラリアのいいファームジョブと最低なファーム

ワーホリ

ワーホリで、オーストラリアにトータル2年6ヶ月滞在しておりました、サトシです。

オーストラリアでセカンドワーキングホリデーのビザを取得するため、
3ヶ月以上の季節労働が必要です。

多くの方が、季節労働をして1年のビザの延長をするのではないでしょうか。
そして、多くの方が、オーストラリア地方の農家で仕事をすると思います。

いろんな農家、ファームがありますが、
今日は、私がオーストラリアのファームで働いてよかったファーム、
最低だったファームについて紹介します。

スポンサーリンク

オーストラリアの良いファームジョブ

良いファームは、

  • お金が稼げる
  • 働くメンバーに恵まれている
  • 仕事がきつくても頑張れる環境
  • ファームボスがいい人
  • とにかくファームでの仕事が楽しい

私にとって、一番良かったでファームは、

お金もたくさん稼げるし、

働いている同僚ともいい雰囲気ができて、

毎日仕事が楽しい。

オーストラリアのボーエンという場所で、
働いていた時のカプシカムファームがこんな感じでした。
今思い出してもあの頃が、人生で一番楽しかったと行っても過言ではない。

あとは、

オーストラリアのスタンソープという場所で、
リンゴを収穫もかなりいい環境で働くことができました。

 

どうやっていいファームを見つけるの?

ファームの仕事は、どんな環境なのか働いてみるまでわからない。
良い仕事が決まるかどうかは、運の要素が大きいです。

良いファームが見つかるまではなかなか大変です。
お金を早く稼ぎたい!早く季節労働期間を終えたい!
っという方は多少の妥協も必要かもしれません。

私は、バックパッカーズで斡旋される仕事で十分満足できていましたね。
そして、別の場所では、友達のイタリア人と行動して良い仕事を見つけました。

良い仕事を見つける方法として、

韓国人コミュニティーと仲良くなるというのが結構手っ取り早いと思います。

韓国人は、兵役を終えてワーホリに来る人がほとんどで、
体が鍛えられているから、ファームの仕事で大活躍します。

そんな彼らの良い評判がオーストラリアのファームでは知られていることもあり、
一緒に行動するとなかなか良い仕事にありつけるかもしれません。

余談ですが、ヨーロッパ系、特にフランス人の人は悪評が多かったイメージです。

 

最低なファーム

これも同じで人によって、何を基準に悪いはかは違います。

ほとんどの場合、最低なファームというのは、最低な上司やボスがいるファームです。

そのほかに、

  • 作業の割り振りが明らかな不平等
  • すごく安い給料
  • 全然お金を振り込まない。
  • 長時間労働
  • 急に来なくていいと言われる
  • 雑草生えまくりのフィールド
  • 仕事開始時間が無意味に早い

 

スーパーバイザーと呼ばれる上司やファームのボスが嫌な奴だとこういうことが起こります。

こういうファームの仕事を紹介されて働いてしまった場合、
すぐにやめて、別のファームを探しましょう。

この行動を早くできると、いいファームに巡り会いやすいですね。

 

とりあえず、最低なファームでも、一応のお金はもらえるし、
働けるだけ働いて、その間に別のいいファームを探す。

こういった行動を取る方もたくさんいました。が、私が見て来た中では、

こういった方は、最終別の良いファームに切り替えれてませんでした。

最低なファームで働き続けると、キツい仕事で長時間働くことになります。
なので、別のファームを探しに行く時間も気力もなくなります。

それに、働き続けて行くことで、その環境に慣れてくる。

日本でいう社畜状態ですね。海外に行っても社畜になってましたね。

なので、スッパリやめてから別の仕事を探す方がいいですね。

私は、最短で3時間で仕事をやめて帰ったことがあります。

【体験談】オーストラリアのボーエン、3時間で帰った最低なファーム
こんにちは、サトシです。 今回は、最低なファームでの体験談です。 ボーエンという土地で体験した、最低のファームでの出来事を 書いていきます。 3時間で辞めた最低なファームの体験談 3時間で仕事を辞めたの...

 

まとめ

いかがだったでしょうか

良いファームに巡り会うには、数打ち当たる方式で、
たくさんのファームにいくと確率は上がりますね。

妥協せず、良いファームで良い思い出をファームで作ってください。

では、

ワーホリ
スポンサーリンク
satoshiをフォローする
正直、どーなん?

コメント